2013年12月03日

ちょんが亡くなりました

昨夜、育ててたベビーの死を確認した後、ちょんは   とても小さく丸まって寝ていました。
こんなに小さかったっけ?

いつも産後のママは、モリモリ食べて、強い生命力を感じてたけど、ちょんは様子が違う‥

今朝、寝てるように見えたちょんは、小さく丸まって
冷たくなっていました‥

2匹産んだと思ってたベビは、もう一人いたみたく、巣材の奥に隠されていました。

多分、ちょんは自分の寿命がわかってて、一番健康な子を   命の限り
一生懸命に育て続けたんだろな。

そして最後に、その子を押しつぶさないように、出したのかな?

なんか昨日に増して悲しみが深まり、
容易に、自分の欲で繁殖して、4匹の命を失ったこと、すごく辛くて‥

今迄亡くしたハムスターの時とは、全然違う気持ちです。。
posted by yoyo at 11:01| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

ご心配、おかけしています。。

ちょんのベビー、1匹出されてた子は、やはり、ダメでした。
最初から出されてたので、弱い子だったのかな。。。
そう思うようにして、次の日 葬りました。
赤ちゃんのお墓は初めてで、なんとも言えませんでした。


その後、残りの1匹だけ育ててた ちょん。
1匹だけなのでお腹空かないのか、ご飯もほとんど減ってなく、全く外に出てこず、赤ちゃんの様子が伺えず。。

1匹だけって育つのかな?そう思ってみると、鳴き声も全然聞こえない。。。
1匹で、お乳おなかいっぱいで、鳴く暇ないのかな?

嫌な予感はありつつも、こんな経験初めてで、他の方の育児日記にもなかったような。。
1匹の子育てに集中できるように、そぉ〜っとしていました。

先ほど、中をみてみると、赤ちゃんが出されていて、すでに死んでいました。

なんで!!!???
もう悲しくてくやしくて。。。
1匹目の子より、ずいぶん大きくなってて、なんでこうなったのか?

ママ(ちょん)に問題があるのか?
それは性格のものか、病気的なものか、らいむとの組み合わせ的なものか?

性格的には、大丈夫だった気がします。
病気・・・ちょんは急に体重が増え、その折り、顔まで変形したように思えて、妊娠中毒症になったのかとちょっと思っています。
らいむとの組み合わせが悪く、健康な子が授からないのか・・・
そういうカップルは妊娠しないのかと思ってました。

1匹の子は、京都の娘が育てたい!と、張り切ってたのに、残念です。YORIさんのブログみて、勉強してたようでした。

もうこのカップリングはやめたほうがいいのでしょうね。。。
posted by yoyo at 23:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。